ドレスと同じで奥が深い結婚指輪

ドレス選びは、きてみて自分に合ったドレスを最終的には選びますが、結婚指輪選びというものは、はじめてからわかることなのですが、意外と大変なうえに奥が深いものです。 結婚指輪選びの最初のステップは、素材選びです。結婚指輪に使われる素材としてメジャーなのはプラチナかゴールド。一生身につけるものだからこそ、しっかいと両素材の特性を学んだうえで決めましょう。 ドレスの場合は何度も色々なドレスを着てみることです。まず着てみてあうか合わないか見ることができます。 結婚指輪というと、花嫁のためのもののように思われるかもしれません。しかし、結婚指輪は愛の証といえるものであり、いつまでも身につけるものです。ですからデザインはもちろん、素材も二人で相談して決めて納得のいく一本を見つけだしましょう。ウェディングドレスと一緒です。一般的に指輪の素材として多くの人から愛されているのがプラチナです。シンプルなデザインが主な人気の理由です。しかし、ひと言でシンプルといっても、緩やかなウェーブを描いたものがあったり、少し太めのデザインがあったりと、同じプラチナでも豊富なデザインがあります。 プラチナと同じくらい人気があるのがゴールドです。軟らかくて傷がつきすいというデメリットがあるものの、日本人の肌色になじみやすい色味をしています。そのため、日常生活でも違和感が少なく、ゴールドにする人も少なくないそうです。プラチナとゴールドで迷った場合、手持ちのジュエリーにゴールドが多い人はゴールドにしておいた方が良いでしょう。

Read more

レンタルドレス店

最近では色々なタイプの結婚式や二次会が増えています。 ゲスト用のドレスも場合によって様々です。結婚式に招待されても結構困っている方が意外と多いのではないでしょうか。そんな場合は是非、レンタルドレスをお願いしましょう。 「レンタルという新しい選択肢」「ドレスを選ぶ楽しさ」をやすくてにいれることができます。レンタルドレスで多くの人から好感を得るポイントは、女性を上げる程よい「きちんと感」です。良くレンタルされるドレスは一番売られている平均販売価格2万円〜5万円台のドレスです。新作も人気です。わからないことはレンタルドレス店にきいて見ましょう!  

Read more

下見をする

下見の際は玄関の様子や、店内に入った瞬間の接客にも注目すると、お店のクオリティを予測することができます。お店の入口は縞麗に掃き清められ、ビールケースや発泡スチロールなどの業務用品が置かれていなければ合格です。「そんなの当たり前だよ」と思うかもしれませんが、置いてあるお店も多いんですよ。。さらに入口に盛り塩があると、「おっ、いい仕事しているね」なんて勝手に思ってしまいます。形が椅麗に整えられてるか、毎日交換しているかを観察し、美しい盛り塩をしているお店にはつい入ってみたくなります。なぜ業務用品を置いていないことがポイントになるのでしょう? それは玄関はお客様をお迎えする際に、お店の顔となる大切な場所だからです。そのため昔はよく玄関を締麗に揮き清め、打ち水をしてお客様が気持ちよく一歩中へ入れるようにしていました。盛り塩は、その昔、飲食店では盛り塩をすることでゲンを担ぎました。盛り塩については諸説ありますが、-つは中国の故事に由来しています。牛は塩が好きで抵めます。皇帝の寵愛を受けたい女性が自宅前に盛り塩をすることで、皇帝の牛車を引く牛が塩につられて玄関前に止まり、結果、皇帝の寵愛を受けることができたため「人寄せのための縁起担ぎ」とされています。また盛り塩には「お清めの塩」の意味もあります。これは、飲食店では殺生された肉や魚を提供しているため、殺生されたものへの清浄を意味します。さらに飲食店では火を使うため、火事が起きないように、怪我をしないようにとの願いを込めて、神様に盛り塩をして安全祈願しました。このように、お客様をお迎えする気持ちや仕事に対する真撃な姿勢が表れる玄関に、本来であれば店内の奥に片づけられているべき備品が置かれているということは、店主としての心構えが足りないと思われでも仕方ありません。そのような店主が提供する料理や接客、その他備品は、サービスレベルが低い可能性があるため避けたほうがよいという判断をしています。

Read more

お店のチェック

軽く開けた瞬間に「いらっしゃいませ」と店員の声がかかると、期待は高まります。これはお客様に対して目配り、気配りができている証拠です。昔から「お迎え言葉・見送り言葉」といって、ドアが少し聞いたら「いらっしゃいませ」と入口を見て挨拶をする。これがお迎え言葉です。お客様がお帰りになる際は、会計が終わりドアに手をかけたところで「ありがとうございました」と感謝老込めて挨拶する。これが見送り言葉です。タイミングよく挨拶をするためには、常に入口を意識していないとできません。この目配りがよくできているお店は、お客様が飲食をしている最中もこまめに様子を確認し、必要なサービスをタイミングよくしてくれます。お水のおかわりを催促しないと足してもらえないようなお店は目配り・気配りが足りない証拠です。そんなお店でドレスを着ていくのはやめたほうがいいでしょう。 自分の稽好にぴったりとくるよいお店には、目には見えない独特の空気があります。ですから、気になって入ったお店はあまりハズれない。そして、お店では女将や店長と会話をして、お店のコンセプトや料理の内容、予算などの情報収集をしています。この情報収集をしっかりとすると、あとで案内状を出す際にも役立ちます。

Read more