ドレスと同じで奥が深い結婚指輪

ドレス選びは、きてみて自分に合ったドレスを最終的には選びますが、結婚指輪選びというものは、はじめてからわかることなのですが、意外と大変なうえに奥が深いものです。


結婚指輪選びの最初のステップは、素材選びです。結婚指輪に使われる素材としてメジャーなのはプラチナかゴールド。一生身につけるものだからこそ、しっかいと両素材の特性を学んだうえで決めましょう。

ドレスの場合は何度も色々なドレスを着てみることです。まず着てみてあうか合わないか見ることができます。


結婚指輪というと、花嫁のためのもののように思われるかもしれません。しかし、結婚指輪は愛の証といえるものであり、いつまでも身につけるものです。ですからデザインはもちろん、素材も二人で相談して決めて納得のいく一本を見つけだしましょう。ウェディングドレスと一緒です。一般的に指輪の素材として多くの人から愛されているのがプラチナです。シンプルなデザインが主な人気の理由です。しかし、ひと言でシンプルといっても、緩やかなウェーブを描いたものがあったり、少し太めのデザインがあったりと、同じプラチナでも豊富なデザインがあります。


プラチナと同じくらい人気があるのがゴールドです。軟らかくて傷がつきすいというデメリットがあるものの、日本人の肌色になじみやすい色味をしています。そのため、日常生活でも違和感が少なく、ゴールドにする人も少なくないそうです。プラチナとゴールドで迷った場合、手持ちのジュエリーにゴールドが多い人はゴールドにしておいた方が良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *