ロングドレス(正装)の活用

ロングドレスはあらゆる年代のあこがれです。誰もが一度は着てみたいと思っているのではないでしょうか。また、ロングドレスは足の露出を避けたい女性には有難いフォーマルドレス、デザインを選べば、誰でも美しく着映えして、自分自身の満足以上に周囲にも「ステキ!」と感じてもらえるのです。 近頃は結婚式において、花婿花嫁の母親が留袖ではなくロングドレスを着たいと考える方も増えました。神社仏閣での結婚式と同様に、教会での挙式が多くなっていることにも関係しているのでしょうが、昼の結婚式ならアフタヌーンドレス、夜ならばイブニングドレスと、大変おしゃれです。もちろん、花婿花嫁の親の場合、両家のつりあい等、いろいろと制約はありますし、結婚式場の格式に合わせることも大事です。 結婚式・結婚披露宴にお呼ばれした側も、ドレスコードには気を配る必要があります。格式の高い、昼のお呼ばれなら光沢感の少ないアフタヌーンドレスが正式の装い。襟元や背中の露出が少ないもので袖は七分以上の長袖、生地は無地の淡い色で、そこはかとない華やかさを醸し出すドレスがステキです。午後四時以後の夜のお呼ばれてしたら、サテンやシルク等、つややかなイブニングドレスが正装。袖なしで丈はくるぶしか靴のつま先が隠れる長さ。胸元や背中が大きく開いて、光るアクセサリーを身につけます。 結婚式のお呼ばれ以外でも、記念式典や格式の高い劇場でのオペラやクラッシック演奏会等にもロングドレスが華やかです。ただ、記念式典の主役や舞台上の出演者への気配りをし、「主役を尊ぶ」気持ちを持ったドレスコードを心がけることが、自身の品格を高めることにつながると心得ることが大切でしょう。

Read more

Aラインのドレスには、色々なヘアスタイルが合います

・お花 ちょっと清楚なイメージでいきたいときは、お花も人気です。 髪の高い位置につけたり、低い位置につけることでイメージが変わってきますので、ヘアスタイルに合わせて変えてみるのも良いでしょう。 ・ビジューカチューシャ 宝石などをあしらったカチューシャ。 Aラインのドレスでは、ダウンスタイルに合わせることにより、少し大人っぽいイメージが生まれます。

Read more

海外の挙式と指輪の購入

最近結婚指輪を海外で見つけるカップルが増えているそうです。日本にはないリングを手に入れることができるという利点もあるが、海外特有の注意事項もたくさんあります。海外旅行先でリングを購入した場合、それなりの注意が欠かせません。ドレスに関しては、日本で着るウェディングドレスを決めていって日本からレンタルドレスを持っていく形になります。海外で指輪を購入するには まず、言語の問題があります。その国の言語に堪能であれば円滑な意思疎通が何の心配もないと思います。しかし、言葉に自信がなければ、リングの購入はあきらめたほうがいいかもしれません。それでも海外のリングを買いたいと思うなら、世界的に有名名声が高い宝石店に足を運んでみよう。これらの宝石のであれば、日本人スタッフがいることも多く、日本人担当することができます。また、品質面でも安心できるので、お勧めします。 その他注意すべきことが、リングのサイズです。サイズ表記は、国ごとに異なるため、店頭で適切に確認し、継手をするようにしましょう。サイズだけでなく、石にも注意が必要であり、特に起源の石だけ買った場合です。原産国といって、高品質の石安く手に入るわけではなく、ダイヤモンドの場合のようなことはないと考えても差し支えありません。

Read more

初めての試着で持っていったほうが良いもの

   レンタルドレスショップの予約をしたら次は実際に足を運ぶことになります。その時に何を持っていったほうが良いのでしょうか。旦那さん……は冗談ですが、持っていったほうが便利なものは数多くあります。まず、ストッキングとストラップレスブラは着ていくか持っていきましょう。ウエディングドレスは胸から上を出すデザインのもの多くありますから、ストラップレスブラは必需品です。  さらにカメラを持っていくと良いでしょう。ドレスショップ内では撮影禁止のところもあるので確認をしたほうが良いのですが、可能な場合にはぜひ持っていって様々な角度から見た自分のドレス姿を確認しましょう。もちろんスマートフォンでもOKです。ただ、お一人で試着される場合で他人にスマートフォンを渡すことに抵抗のある方はデジタルカメラのほうが良いと思います。  最後に自分が来てみたいと思うウエディングドレスの写真があるなら持っていきましょう。ウエディングドレスの細かい知識がある方でその場でご説明できるならいらないかもしれませんが、ショップ店員に自分の着たいと考えているドレスのイメージをストレートに伝えることができる写真はマストアイテムです。ブライダル雑誌の切り抜きや、インスタグラムなどなどウエディングドレスの写真はいたるところにあります。レンタルドレスショップを訪れる前に一度どんなものを着てみたいか調べてから行くと、試着が捗るのではないかと思います。  

Read more

スレンダーラインについて

「スレンダーライン」というドレスもあります。こちらは名のごとく、全体的に体の線に沿った細身のシルエットとなるドレスです。着る人の体のラインをいかすためのドレスなので、やや着る人を選びますが、着こなすことができれば、上品で大人っぽい印象を与えることができます。動きやすいこともあって細身の方には、このドレスが人気となっています。

Read more

素材からドレスを選ぶ

素材への愛着・こだわりは人それぞれ。 最近では食の素材にこだわる方も増えてきており、食べるものは厳選された素材で無農薬・無添加じゃなきゃダメという人も少なくありません。 無添加せっけんやオーガニックのハーブ等、成分に気を遣った商品を見かける機会が昔より多くなっているのではないでしょうか? アレルギーのある方や肌が弱い方は普段から特に目を光らせていると思いますが、ドレスを選ぶときに、生地の素材から決めるというのもぜんぜんアリです。 せっかく長い時間かけて選んだお気に入りのドレスも、着たときに肌に合わなかったり、しっくりこなかったりしたら悲しいですよね。 求めている質感のものじゃなかったからといって、そう簡単に取り替えるわけにもいきません。 特に一生に一度のウェディングドレスの場合、失敗してしまったらそれこそ一生引きずってしまうことも考えられます。 そうならないためにも、どんな素材があるのか知っておくことが大切です。 この項ではドレス生地の素材をいくつか紹介していきます。 ①シャンタン こまかい線模様が特徴的な生地。 手ごたえのある質感なので、プリンセスラインのドレスと相性が良いかもしれません。 ②タフタ 周囲の明るさの度合いや眺める立ち位置によって見え方の変わる、ちょっとユニークな素材です。 質感は薄目で、中には透けているタイプのものも。 柔軟性が高いためか、しわがすぐに付いてしまうのが特徴です。 ③オーガンジー 透き通ったクリアーな質感が印象的な生地。 薄いのでメイン素材になる機会は多くありませんが、ドレスの上から透けて見せたい箇所にはピッタリの生地と言えます。 素材からドレスを選ぶときの参考にしてみてくださいね。

Read more

ドレスと同じで奥が深い結婚指輪

ドレス選びは、きてみて自分に合ったドレスを最終的には選びますが、結婚指輪選びというものは、はじめてからわかることなのですが、意外と大変なうえに奥が深いものです。 結婚指輪選びの最初のステップは、素材選びです。結婚指輪に使われる素材としてメジャーなのはプラチナかゴールド。一生身につけるものだからこそ、しっかいと両素材の特性を学んだうえで決めましょう。 ドレスの場合は何度も色々なドレスを着てみることです。まず着てみてあうか合わないか見ることができます。 結婚指輪というと、花嫁のためのもののように思われるかもしれません。しかし、結婚指輪は愛の証といえるものであり、いつまでも身につけるものです。ですからデザインはもちろん、素材も二人で相談して決めて納得のいく一本を見つけだしましょう。ウェディングドレスと一緒です。一般的に指輪の素材として多くの人から愛されているのがプラチナです。シンプルなデザインが主な人気の理由です。しかし、ひと言でシンプルといっても、緩やかなウェーブを描いたものがあったり、少し太めのデザインがあったりと、同じプラチナでも豊富なデザインがあります。 プラチナと同じくらい人気があるのがゴールドです。軟らかくて傷がつきすいというデメリットがあるものの、日本人の肌色になじみやすい色味をしています。そのため、日常生活でも違和感が少なく、ゴールドにする人も少なくないそうです。プラチナとゴールドで迷った場合、手持ちのジュエリーにゴールドが多い人はゴールドにしておいた方が良いでしょう。

Read more

レンタルドレス店

最近では色々なタイプの結婚式や二次会が増えています。 ゲスト用のドレスも場合によって様々です。結婚式に招待されても結構困っている方が意外と多いのではないでしょうか。そんな場合は是非、レンタルドレスをお願いしましょう。 「レンタルという新しい選択肢」「ドレスを選ぶ楽しさ」をやすくてにいれることができます。レンタルドレスで多くの人から好感を得るポイントは、女性を上げる程よい「きちんと感」です。良くレンタルされるドレスは一番売られている平均販売価格2万円〜5万円台のドレスです。新作も人気です。わからないことはレンタルドレス店にきいて見ましょう!  

Read more

下見をする

下見の際は玄関の様子や、店内に入った瞬間の接客にも注目すると、お店のクオリティを予測することができます。お店の入口は縞麗に掃き清められ、ビールケースや発泡スチロールなどの業務用品が置かれていなければ合格です。「そんなの当たり前だよ」と思うかもしれませんが、置いてあるお店も多いんですよ。。さらに入口に盛り塩があると、「おっ、いい仕事しているね」なんて勝手に思ってしまいます。形が椅麗に整えられてるか、毎日交換しているかを観察し、美しい盛り塩をしているお店にはつい入ってみたくなります。なぜ業務用品を置いていないことがポイントになるのでしょう? それは玄関はお客様をお迎えする際に、お店の顔となる大切な場所だからです。そのため昔はよく玄関を締麗に揮き清め、打ち水をしてお客様が気持ちよく一歩中へ入れるようにしていました。盛り塩は、その昔、飲食店では盛り塩をすることでゲンを担ぎました。盛り塩については諸説ありますが、-つは中国の故事に由来しています。牛は塩が好きで抵めます。皇帝の寵愛を受けたい女性が自宅前に盛り塩をすることで、皇帝の牛車を引く牛が塩につられて玄関前に止まり、結果、皇帝の寵愛を受けることができたため「人寄せのための縁起担ぎ」とされています。また盛り塩には「お清めの塩」の意味もあります。これは、飲食店では殺生された肉や魚を提供しているため、殺生されたものへの清浄を意味します。さらに飲食店では火を使うため、火事が起きないように、怪我をしないようにとの願いを込めて、神様に盛り塩をして安全祈願しました。このように、お客様をお迎えする気持ちや仕事に対する真撃な姿勢が表れる玄関に、本来であれば店内の奥に片づけられているべき備品が置かれているということは、店主としての心構えが足りないと思われでも仕方ありません。そのような店主が提供する料理や接客、その他備品は、サービスレベルが低い可能性があるため避けたほうがよいという判断をしています。

Read more

お店のチェック

軽く開けた瞬間に「いらっしゃいませ」と店員の声がかかると、期待は高まります。これはお客様に対して目配り、気配りができている証拠です。昔から「お迎え言葉・見送り言葉」といって、ドアが少し聞いたら「いらっしゃいませ」と入口を見て挨拶をする。これがお迎え言葉です。お客様がお帰りになる際は、会計が終わりドアに手をかけたところで「ありがとうございました」と感謝老込めて挨拶する。これが見送り言葉です。タイミングよく挨拶をするためには、常に入口を意識していないとできません。この目配りがよくできているお店は、お客様が飲食をしている最中もこまめに様子を確認し、必要なサービスをタイミングよくしてくれます。お水のおかわりを催促しないと足してもらえないようなお店は目配り・気配りが足りない証拠です。そんなお店でドレスを着ていくのはやめたほうがいいでしょう。 自分の稽好にぴったりとくるよいお店には、目には見えない独特の空気があります。ですから、気になって入ったお店はあまりハズれない。そして、お店では女将や店長と会話をして、お店のコンセプトや料理の内容、予算などの情報収集をしています。この情報収集をしっかりとすると、あとで案内状を出す際にも役立ちます。

Read more